2007年04月14日

タイのホテル予約なら、最低価格保証のAgodaです。

タイのソンクラン

先週の6日にインド出張から戻りました。

久々にタイの話題に戻りますね。

4月のタイと言えばソンクラン(タイ旧正月)ですね。

ソンクランはタイにおいて最も注目を集めるお祭りの1つであり、タイだけでなくミャンマー、カンボジア、ラオスにおいても祝われているそうです。

”ソンクラン”はサンスクリット語を起源に持つタイ語であり、太陽が次の黄道帯に入ることを意味します。

すなわち、タイで最も暑くなる夏の到来を意味します。

4月13日に始まり15日に終わります。

ソンクランの前日の夜、つまり4月12日には、人々は自分の家をきれいに掃除し、ゴミを全て燃やします。

去り行く年の悪いものが新年まで残っていると、持ち主に不幸が訪れる、と言われているからです。


ソンクランは「水掛祭り」として特に有名です。

それは第1日目の午後に仏像を洗う儀式があり、この儀式の後から水掛け祭りが行われるのです。

ソンクランの3日間の間、人々、特に若い人々は、お互いに水を掛け合って楽しみます。

ソンクランの間に水を掛け合うのは、ただ楽しみのためだけでなく、次の耕作期に十分な雨が降るように、という願いも込められています。

その他色々な云われや儀式があるようですが割愛します。

実際私が住んでいたスクムビット周辺でも、いたる所で水鉄砲や桶を持って水を掛け合っており、日本人であっても、水を掛けられて怒ってはいけません。

車で走っていると、道端で待ち構えていて、バケツで水を掛けられることもあり、事前にワイパーを動かしておかないと前が見えなくなる程です。

もっと凄いのは、ピックアップトラックの荷台に大きなドラムカンを積み、機関銃のような大型水鉄砲を持った若者が4、5人乗り込んで、街中を流しながら、水掛けをやっているグループを見つけては攻撃を仕掛けています。

相手も応戦して、さながらギャング同士の攻防のようです。

子供の頃、毎日近くの山でチャンバラをやって遊んだ世代としては、こういう光景を見るとワクワクして来ます。

我々も日本人部隊を結成して、街中に繰り出そうかと話し合ったこともありますが、エスカレートして、日本とタイの本当の戦争になるとまずいので断念しました(笑)。

余談ですが、日本ではトラックの荷台に人が乗るのは道交法によって禁止されていますが、タイでは問題なく、かえって人を乗せたり、荷物を運んだりと多目的に使えるため、新車購入時に優遇税制が適用されているくらいです。

会社もこの期間は5日間くらいの休暇になり、我々はゴルフ三昧で楽しみます。

この時期、気温40度の炎天下でゴルフをやると、パットの時に顔をうつむけると、額から汗が滴り落ちてきます。

眼鏡を掛けている自分は、額にバンダナでも巻いていないとゴルフになりません。

全身水を浴びた様に汗びっしょりです。

そうなんです。
我々日本人はゴルフ場で水掛祭りをやっているんです。


記事が参考になりましたら、ポチっと一票お恵みを!
  ↓ ↓ ↓
mac

人気blogランキング


タイのホテル予約なら、最低価格保証のAgodaがお勧めです。
もしお客様が他社のサイトで、同等クラスの部屋をここより安い価格で見つけた場合には、Agodaはその安い価格でお客様にお部屋を提供するそうですが、私が知る限り、Agodaが最安の予約サイトです。

tama7505 at 18:24│Comments (0)clip!タイ文化  

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
最新記事
タイ情報

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
最強のタイランド