2007年04月24日

タイのホテル予約なら、最低価格保証のAgodaです。

タイで交通事故はダメですタイ!

私はタイで車を運転していました。

幸い事故は一度も起こしませんでしたが、万が一、タイで交通事故
を起こして、タイ人を死なせてしまった場合、保障額とか、刑罰は
どうなるのでしょうか?

気になったので調べてみました。

タイでの交通事故などの傷害罪は、10年の懲役、又は2万バーツの
罰金です。(併用有り)

しかし、タイでは多くの場合、示談で解決しており、示談が成立
すると傷害罪は無となります。

被害者との間で示談が成立しない場合、書類送検されて刑事裁判に
なります。

もし、それらの事実を判決前に認めると、1年半の懲役、又は1万
バーツの罰金(併用有り)となり、免許証を取り上げられます。

一方、補償額については、民事裁判で争われ、保険会社が支払って
くれますが、その額についてはケースバイケースで処理されています。

交通事故でタイ人を死なせてしまっても、示談で済ませてしまう
ケースが多い様です。


次にタイの自動車保険についてですが、タイも日本と同じように
強制保険と任意保険の2種類に分けることができます。

但し、タイでは日本とは違って、任意保険の加入率が3割から4割
程度だということです。

つまり、仮に不幸にも交通事故にあって自分が被害者となった場合、
加害者である相手が任意保険に入っていなくて、さらには治療費を
支払うだけの十分な能力がなかった場合、すべては泣き寝入りしな
ければならないことを意味します。

逆に、任意保険に加入していた場合、どの程度の補償が行われるか
と言うと、これも日本とは比べ物にならないほどの低額です。

対人賠償(タイ人賠償ではありません(笑))は、交通事故で相手
を死亡させた場合 最高 1人あたり100万バーツくらいだそうです。

要するに、車1台分くらいの命の値段だと言うことです。

もちろん、その被害者がタイ人ではなく外国人であった場合も同じ
ことが言えます。

くれぐれも、タイで交通事故で死なないようにしましょうね。


バンコクで働く - livedoor Blog 共通テーマ


記事が参考になりましたら、ポチっと一票お恵みを!
  ↓ ↓ ↓
mac

人気blogランキング


タイのホテル予約なら、最低価格保証のAgodaがお勧めです。
もしお客様が他社のサイトで、同等クラスの部屋をここより安い価格で見つけた場合には、Agodaはその安い価格でお客様にお部屋を提供するそうですが、私が知る限り、Agodaが最安の予約サイトです。

tama7505 at 21:11│Comments (0)TrackBack (0)clip!タイ生活  

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
最新記事
タイ情報

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
最強のタイランド