2007年05月30日

タイのホテル予約なら、最低価格保証のAgodaです。

タイの文化はマイペンライ

タイの文化はマイペンライであると良く言われます。

「マイペンライ」とはどう意味なのか?と質問してみると、「大丈夫」という
回答が最も多いです。

この言葉は色々なシチュエーションで使う事が出来、「どうでもいいよ、出
来るよ、そんなこと」などの否定的な意味と、「心配しなくていいよ」、
「気にしなくても平気だよ」などの肯定的な意味があります。

文脈によって解釈の仕方が変化する、沢山の意味を持った言葉と言えます。

使い方の例を挙げてみます。

1)Aが荷物をたくさん持って事務所に向かっていた時に、
  友人のBが通りかかった。

B:その荷物、どこへ持っていくの?
A:事務所だよ。
B:半分持ってあげようか?
A:マイペンライ。

この「マイペンライ」は遠慮の意味。

2)Aは約束の時間に遅れており、急いで歩いていた。
  するとBと肩が当たってしまった。

A:すみません。大丈夫ですか?
B:マイペンライ。

この「マイペンライ」は、少し痛いけど大した事はないし、相手も急いでい
る様だ、という事で、相手のために気を使った表現。

この1)と2)の例は我々日本人の感覚でも違和感は無いですが、次の3)
の例は非常に違和感があります。

3)AとBは映画を見に行く約束をした。
  しかしBは約束時間から30分も遅れてやって来た。

A:遅すぎるよ!もう間に合わないぜ。

B:(謝罪の言葉もなく)マイペンライ。タクシーで行けばOKだよ。

このBの対応の仕方は、タイの社会ではよくあることなのか?という質問
に対して、非常によくある=53%、時々ある=39%、ということで、
ごく普通に使われる様です。

これは、些細なことは気にしない、という様な所から来ているようですが、
その「些細なこと」の範囲が非常に広い。

約束時間に3時間遅れるなど当然「マイペンライ」、雨が降ったから連絡
もせずに行くのを止めても「マイペンライ」、客の注文や、仕事の命令を
忘れても「マイペンライ」等々。

このような「些細なこと」に腹を立てる者は、タイではまともな大人に見ら
れないから、皆安心して「些細なこと」が出来る。
タイ人は広い心でお互いのわがままを許しあっているのだそうな。


・・・ということで、私も意を強くして、機会があったら使ってみよう。

社長:この前頼んだ資料はどうなっているんだ!
   もう1週間も遅れているぞ!

私 :マイペンライ。


・・・無理だな!(笑)。


続きは次号で。請うご期待!?

タイ - livedoor Blog 共通テーマ


記事が参考になりましたら、ポチっと一票お恵みを!
  ↓ ↓ ↓
mac

人気blogランキング


タイのホテル予約なら、最低価格保証のAgodaがお勧めです。
もしお客様が他社のサイトで、同等クラスの部屋をここより安い価格で見つけた場合には、Agodaはその安い価格でお客様にお部屋を提供するそうですが、私が知る限り、Agodaが最安の予約サイトです。

tama7505 at 19:39│Comments (0)TrackBack (0)clip!タイ文化  

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
最新記事
タイ情報

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
最強のタイランド