2007年06月21日

タイのホテル予約なら、最低価格保証のAgodaです。

ホタル鑑賞ツアーで大事件

ホタル見学ツアーの続編です。

夕食のメニューは忘れてしまいましたが、極一般的なタイ料理でした。

しかしこの食事が後で大騒動を引き起こすのです。

食事タイムは30分くらいで、その後はまたバスに揺られて、乗船場所
を目指します。

バスは乗船場所までは行けず、途中から暗闇の中を15分くらい歩か
されます。

船は細長い船体で、二人ずつ並んで座ります。

暗いので周りの風景は良く見えないのですが、出発して暫くは川幅の
狭い、ジャングルの様な所を進んで行きます。

風情があって、昼間もう一度来たいと思わせるような所です。

暫くすると本流に出たのか、川幅が広がり、川沿いに人家が現れます。

夕涼みに川辺に出ている人たちが、船に向かって手を振ったりして
くれて、なかなかいい雰囲気です。

我々の後ろには30歳前後の夫婦が座っていて、出発して暫くすると、
ダンナの方が、「お腹が痛くなって来た。トイレに行きたい」とか言って
います。

最初はそんなに切羽詰った感じでなかったですが、時々そんな会話
が聞こえて来て、本流に出る頃には、「もうダメだ!我慢できない!」
とか言い出し、奥さんは「えっ!大丈夫?ここでしちゃえば」。
ダンナ---「ダメだよ!臭っちゃってまずいよ」、なんて恐ろしい会話を
しています。

こちらも、その苦しさが分かるだけに他人事ではなく、だんだん落ち
着かなくなってきます。

そうこうしている内に、お目当てのホタル鑑賞ポイントに到着しました

木全体が光り輝くとまでは行きませんが、期待に違わず満足できる
ものでした。

しかし後ろの夫婦にとっては、ホタル鑑賞どころではなかったでしょう。

いよいよ帰路に着こうとしたその時、耐え切れなくなったダンナが、
「ガイドさん、すいません。お腹が痛くなってしまって、どこかにトイレは
ないでしょうか?」

その瞬間、狭い船内がどよめき、若いガイドさんもどうしたら良いか
分からない様子。

私としても、彼の苦しみの経緯を知っているだけに何とかしてあげたく
て、思わず、「ガイドさん、川辺の民家にトイレを借りることは出来ない
の?」と言ってしまいました。

「じゃあ、探しながら行ってみましょう」と言うことになって、暫く行った
所で、民家に船を寄せ、何とか間にあいました。

さっぱりした顔で戻って来た彼を見て、私もホッとしました(笑)。

これで一件落着かと思いきや、これは本の序章に過ぎませんでした。

翌日になって、我が身内がやられてしまったのです。

私と家内の一番上の姉を除いた、4人全員が下痢、嘔吐の食中毒症
状に見舞われてしまったのです。

原因はあの時の夕食しか考えられず、あのダンナは症状が早く出て
しまったのではないかと考えられます。

我々は船の中で発症しなくて良かったね!と、不幸中の幸いに、胸を
撫で下ろしたものでした。

【あとがき】
最近の情報では、川沿いの民家が、ホタルツアーの観光舟の騒音に
へきえきし、ホタルの生息する木を切ってしまったり、殺虫剤を撒いた
りして、ホタルが激減してしまったそうな。残念なことです。

ツアー料金が高額になったのも、周辺住民に迷惑料でも払っている
んではないかと、穿った見方をしてしまいます。

2000バーツでは、もう行く気はしません。

前号はこちら。



タイ滞在記 - livedoor Blog 共通テーマ


記事が参考になりましたら、ポチっと一票お恵みを!
  ↓ ↓ ↓
mac

人気blogランキング


タイのホテル予約なら、最低価格保証のAgodaがお勧めです。
もしお客様が他社のサイトで、同等クラスの部屋をここより安い価格で見つけた場合には、Agodaはその安い価格でお客様にお部屋を提供するそうですが、私が知る限り、Agodaが最安の予約サイトです。

tama7505 at 23:16│Comments (0)TrackBack (0)clip!タイ観光  

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
最新記事
タイ情報

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
最強のタイランド