2007年07月24日

タイのホテル予約なら、最低価格保証のAgodaです。

バンコクのレンタカー

先日、1年ぶりにバンコクへ遊びに行って来ましたが、私は旅行中は
必ずレンタカーを借りる事にしています。

今回もゴルフが主目的なので、車は必需品です。

免許証については、以前このブログ内でも紹介しましたように、赴任
中にタイの免許証を取得し、日本に帰任後もまだ有効期間が残って
いるのです。

本当にこの免許証で問題ないのか、いつも不安を感じつつレンタカー
を借りに行くのですが、今の所、お咎め無しです。


さて、レンタカーの会社ですが、私がいつも利用するのは、

KRUNGTHAI CAR RENT と言う会社で、スクムビットに近いオフィスと
しては、地下鉄ペッブリー駅とラマ9世駅の中間の、高速からの出口
の所にあります。


料金的には、一番安い車(TOYOTA SOLUNA Vios 1.5 A/T)で1日
1300バーツくらいです。
例えばHertsレンタカーでは1800バーツくらいなので、安い方では
ないかと思います。

手続きには、パスポート、免許証、クレジットカードが必要です。
パスポートと免許証は、コピー後返してくれます。

クレジットカードは、保証金30000バーツを預けるために必要となり
ますが、これは車返却時にキャンセルとなりますのでご安心を。

なお自分の責任による事故等で車を傷つけた場合には、2000バーツ
の損害金を払うことになります。

また日本のレンタカーと異なる所は、ガソリンがほとんど空の状態で
貸し出される事です。

日本は満タンで貸し出し、満タンで返すと言うのが基本で明快ですが、
タイでは全くの逆です。

もっとも、タイのレンタカー全てがそうなのか、ここだけなのか定か
ではありませんが・・・。

そのため、乗り出し後すぐに給油する必要があります。
しかし、いきなり満タンにするなんてバカなことはしません(笑)。

自分が走行するであろう距離と燃費を予想して、チビチビと小まめに
給油することになります。

最終的に車両返却時に燃料警告灯がチカチカと点滅していたらガッツ
ポーズです(笑)。
しかし精神衛生上よろしくないので、日本方式の方がベターです。

タイもガソリン代が高騰しており、今やリッター、30バーツくらい
しています。
その上バーツ高が追い討ちをかけているので、何と110円以上です。

私が単身赴任していた数年前と比べると約2倍の高騰です!!

以前はガソリン代なんて気にしないで車に乗れましたが、こうも
高くなってしまってはそうも行きません。

今回の旅行で感じたことは、『タイは物価も安く住み易い国』だ・・
なんて言えなくなって来ていると言うことです。


タイ - livedoor Blog 共通テーマ


記事が参考になりましたら、ポチっと一票お恵みを!
  ↓ ↓ ↓
mac

人気blogランキング


タイのホテル予約なら、最低価格保証のAgodaがお勧めです。
もしお客様が他社のサイトで、同等クラスの部屋をここより安い価格で見つけた場合には、Agodaはその安い価格でお客様にお部屋を提供するそうですが、私が知る限り、Agodaが最安の予約サイトです。

tama7505 at 21:52│Comments (0)TrackBack (0)clip!タイ情報  

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
最新記事
タイ情報

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
最強のタイランド