2007年08月05日

タイのホテル予約なら、最低価格保証のAgodaです。

バンコクの床屋さん

バンコクに赴任してみて、不安になる要因としては、まず第1は健康
を害した場合の病院の問題ですが、これは過去記事でご紹介した様
に、日本人対応が万全なので、何の心配もありません。

もう1つは、意外と思われるかも知れませんが、散髪の問題です。

1ヶ月に1回くらいの頻度で散発する必要があるわけで、床屋さんは
どこにあるんだろう?、腕(技術)は大丈夫なんだろうか?、言葉の
問題は?(要求が伝わらず変な髪型にされたらどうしよう)、などと、
結構心配な点があるのです。

しかし、さすが日本人の多いバンコク、この点も何の心配もありません
でした。

我々日本人駐在員が生活しているスクムビット周辺には、少なくとも
3件の日本人ご用達の理容店があります。

まずはソイ39のフジスーパー2号店の3階に2軒。

因みにフジスーパーとは、日本の富士スーパーがバンコクに進出した
もので、1号店はソイ33/1にあります。

ここに行けば日本の食材を含め何でも揃うので、日本人ご用達の
スーパーと言えます。

但し、日本からの輸入食材はさすがに高く、日本での価格をバーツに
置き換えたくらいの値段になります。

例えば、日本で100円の物なら100バーツと言う感じです。
よって日本の3〜4倍になるわけです。

同じ様な品物でも、タイ製ならば極端に安く買えるので、代用できる
物はタイ製を購入します。

話が逸れてしまいましたが、フジスーパー2号店には、「ASKA」と
後発の「男爵」という店があります。

両店ともに日本人の店員がいて通訳をしてくれるので、言葉の問題は
ありません。

料金は一般的なカット&シャンプーで300バーツでした。

もう1軒、店名は忘れてしまいましたが、日本人オーナーが経営して
いる理容店が、ソイ41の入り口にある「ミラクル・モール」というスーパ
の2階にあります。

さて散髪料金の300バーツですが、1000円くらいなので日本の感覚
では安く感じますが、タイにおいては日本人専用理容店のスペシャル
料金になります。

タイ人が行く様な店では50バーツで出来ます。(何と1/6!)

当社の駐在員でも、散髪ごときに高い金を払う必要は無い!とのこと
で、50バーツの店でやっている人もいますが、刈上げのトッチャンボウ
ヤの様な出来栄えを見て、他の駐在員一同、「安くても俺は行かない」
との意見で一致しました。


バンコクで働く - livedoor Blog 共通テーマ


記事が参考になりましたら、ポチっと一票お恵みを!
  ↓ ↓ ↓
mac

人気blogランキング


タイのホテル予約なら、最低価格保証のAgodaがお勧めです。
もしお客様が他社のサイトで、同等クラスの部屋をここより安い価格で見つけた場合には、Agodaはその安い価格でお客様にお部屋を提供するそうですが、私が知る限り、Agodaが最安の予約サイトです。

tama7505 at 11:32│Comments (0)TrackBack (0)clip!タイ生活  

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
最新記事
タイ情報

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
最強のタイランド