2007年08月13日

タイのホテル予約なら、最低価格保証のAgodaです。

タイ・フルーツを食べよう!

タイは果物【タイ語=ポラマーイ】の宝庫です。
安くておいしい果物がたくさんあります。

タイの代表的な果物を紹介します。

1)ドリアン【タイ語ではトゥリアン(ทุเรียน)】

ドリアン
ご存知、果物の王様との別名を持ち、
果実は強い甘味を持っていますが、
強烈な臭いを発するため好みが分か
れます。
ドリアンとは、マレー語で「トゲの
ある物」という意味だそうです。

東南アジアでは、ドリアンを食べな
がら飲酒すると死に繋がると信じら
れています。

古くは18世紀に書かれた文献にも登場し、1941年に死亡例が報告さ
れているそうですが、原因としては、ガスによる腹内での異常発酵説、
または高カロリーのドリアンとアルコールによる急激な高血糖説など、
様々な俗説があります。
医学的な調査もされていますが、はっきりした原因はわかっておらず、
迷信の可能性も否定できません。

2)マンゴスチン【タイ語=マングクゥット】

マンゴスチン
果物の王様、ドリアンに対し、柔らかい
果肉、繊細な甘みのため、”果物の女
王”と呼ばれています。

中央部分を円周方向に切れ目を入れ
て左右に割ると、中に純白の実が房状
に並んでいて、とってもおいしいです。

私はこのマンゴスチンが一番好きです。

日本に輸入が解禁されたのは2004年で、当時は1個数百円で売られて
いましたが、タイでは1kg 30バーツくらいで買えます。

3)ランブータン【タイ語=ンゴォ】

ランブータン
タイが最大の生産国。

革質の果皮には柔らかい肉質の刺が
密生し、そのためにマレー語の「毛」
を意味する "rambut" からランブー
タンの名が付いたそうです。


中には半透明の汁気の多い、甘いしっかりした肉質の実が入っています。


4)マンゴー【タイ語=マムゥワング】

マンゴ
今や宮崎産のマンゴー「太陽のたま
ご」が脚光を浴びていますが、原産
地はインドからインドシナ半島周辺
と推定されています。



果皮は緑色から黄色、桃紅色などと色々ですが、果肉は黄色から橙紅
色で、多汁で甘くとても美味です。


5)釈迦頭(しゃかとう)【タイ語=ノォーイナー】

釈迦頭1
原産地はペルーなど南米です。
表面は緑色で凹凸があります。

これが仏像の頭部に見えることから
釈迦頭の和名が付きました。

果肉は白いクリーム状で、中に大豆ほどの大きさの黒い種子が複数入っています。
味は非常に甘味が強く、ねっとりする中にジャリジャリと砂糖を噛むような
食感があります。

6)パパイヤ【タイ語=マラコォー】

パパイヤ
熟すると黄色い果実ができます。

粒々とした多くの黒い種を中央の中空
部分に持つが、種は取り除いて、周り
の果肉を食べます。

甘さが強く独特の癖があるので、レモ
ン汁をかけて、酸味を加える場合もあります。


ソムタム
タイでは青いパパイヤを「マラコー」と
呼び、ソムタムというサラダにします。


繊切りにした実をニンニク、唐辛子、パクチー、ナンプラー、化学調味料
などと和える。


その他にもたくさんの果物があり、とても紹介し切れませんが、いずれも
安く買えるので、果物好きにはタイは天国です。


バンコクで働く - livedoor Blog 共通テーマ


記事が参考になりましたら、ポチっと一票お恵みを!
  ↓ ↓ ↓
mac

人気blogランキング


タイのホテル予約なら、最低価格保証のAgodaがお勧めです。
もしお客様が他社のサイトで、同等クラスの部屋をここより安い価格で見つけた場合には、Agodaはその安い価格でお客様にお部屋を提供するそうですが、私が知る限り、Agodaが最安の予約サイトです。

tama7505 at 23:17│Comments (0)TrackBack (0)clip!タイフード  

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
最新記事
タイ情報

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
最強のタイランド