2010年05月16日

タイのホテル予約なら、最低価格保証のAgodaです。

3年ぶりにバンコクへ!

現在はインド赴任中の身であるが、久々にバンコクへ行くことになった。

組立用の部品が足りなくなってしまって、ハンドキャリーするためだ。

行くことが決まったのが17時ごろで、即、いつもの旅行代理店に確認したら、TGの便がとれた。

デリー発23:30発のTG316で、バンコク着は翌朝5時半、帰りはTG316で、BKKを17:55発、デリー着が20:55である。

滞在時間12時間の、部品を受け取って来るだけの短い時間だが、3年ぶりのバンコクなので、タイ赴任中の縄張りであったスクンビットまで行くことにした。

スクンビットまで行ってどうこうすると言う計画があるわけではないが、
赴任中の生活の場あったところの雰囲気を味わいたいと言うのが目的。

空港で少し時間調整してからタクシーで向かったが、スクンビット通りも、アソークから伊勢丹方向は軍隊が警戒していて物々しい雰囲気だが、
高級デパートのエンポリアム周辺は問題ない。

7時ごろにエンポリアム前に到着。

冷房の効いたタクシーから降車すると、メガネが曇るほど湿度が高い。

この時間では目ぼしきお店は開店していないので、隣のベンチャシリ公園で時間をつぶすことに。

ここの早朝は運動をする人で溢れていて、ジョギング、ウォーキングや、特に太極拳をやっているグループが目立つ。

気温はまだそれほど高くないのに、無風なので蒸し暑くて適わない。

どこか快適な場所は無いかと、しばし思案・・・。
ホテルのロビーがあるじゃん!とひらめいた。

早速、すぐ隣のインペリアル・クインーズ・パークの裏口から入って
ロビーへ。

この時間帯は人影もまばらで、ソファーに身を沈め、ウ〜ン!快適、
快適!!(笑)

ふと辺りに目をやると、日本人3,4人のグループにタイ人女性が・・・

さては昨晩・・・!などと変なことを妄想してしまう(笑)。

ったく!インドとは何たる違い!! って怒ってどうする!(笑)

更に正面玄関の外に目をやると、正面にセブンイレブンを発見。

早速見学に‥

リポ-Dが未だに12バーツ(35円)で嬉しくなってしまう。

リポ-D 2本とタイのさきイカ、パンを買って来て、ロビーでくつろぐ。

タイへ来たからには、定番のタイ・マッサージをやらねば‥。

そこで昔馴染みのマッサージ嬢に電話してみることに。
‥嬢たってアラフォー世代だけどね。
でもアラカン世代のオヤジからすれば充分に若い!

未だにタイ時代の電話リストを持っているところが我ながら感心する(笑)。

携帯を変えていないか(何たって6年ぶりだからね!)恐る恐る電話をすると、出ました本人が!

2言、3言話すうちに先方も覚えてくれていて、前のお店からは変わっていたが、11時に約束を取り付ける。

その後ホテルを出て、日本人ご用達のフジスーパーを見学、改めて何でもあることに感激。

これだけ食材が揃っていれば苦労しないのにと恨めしい。

10時開店のエンポリアムへ行ってみたが、BTSのプロンポン駅は閉鎖されていて、昨日からBTSの運行がストップしているようだ。

エンポリアムを一回りして、約束の11時になったので、ソイ39のマッサージ店”ミエ”へ向かう。

6年ぶりに「LEEさん」に再会。
前よりロングヘアーになってきれいなったみたい!

これもインド病(インドから出た途端、女性がきれいに見える病)の影響か?(笑)

2時間後、またの再会を約束して分かれる。
(言っておくけど、健全なタイ・マッサージだからね!)

その後、これも昼食はここで、と決めていた”らーめん亭”で、もやしラーメンと餃子に満足して、再度フジスーパーへ。

買いたい物がたくさんあったが、部品を入れた後のバッグのスペースが限られていたので、少しばかりの食材で我慢。

部品ベンダーの人とは、ここで2時半に待ち合わせていて、部品を受領後空港へ直行。

前夜ほとんど寝てないし、蒸し暑いし、結構疲れたが、短い時間ながら久々のスクンビットの雰囲気をちょっぴり楽しんで来た。

22時にアパート着。



記事が参考になりましたら、ポチっと一票お恵みを!
  ↓ ↓ ↓
mac

人気blogランキング


タイのホテル予約なら、最低価格保証のAgodaがお勧めです。
もしお客様が他社のサイトで、同等クラスの部屋をここより安い価格で見つけた場合には、Agodaはその安い価格でお客様にお部屋を提供するそうですが、私が知る限り、Agodaが最安の予約サイトです。

tama7505 at 15:40│Comments (0)TrackBack (0)clip!タイ情報  

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
最新記事
タイ情報

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
最強のタイランド