2017年03月21日

タイのホテル予約なら、最低価格保証のAgodaです。

パタヤ→バンコク→帰国

パタヤ2日目の朝、7時ごろ目覚めて海を見ると、こんな早い時間なのにパラセーリングが盛んに飛び交っている。
CIMG9658


8時に朝食を食べて、その後はプールで泳ぎたいと言う。

孫の二人は昨日の海で貝殻か何かで足の裏を切ってしまい、その後は海へ入らなくなってしまったのだ。
CIMG9653

プールサイドは9割方が欧米人。
CIMG9656

ジジ・ババの二人はプールサイドの花の観賞。

プリメーラ(プルメリア)
CIMG9655

CIMG9654

CIMG9640

CIMG9642

CIMG9639


11時半にチェックアウトしてバンコクへ戻る。
CIMG9662

ソンテウでバスターミナルへ。
CIMG9666

CIMG9667

12:20発のバスで、帰りはスクンヴィットの渋滞も無かったので
14時半にエカマイ着。

ソイ33/1の”らあめん亭”での遅い昼食は、もやしラーメン。
CIMG9668


15年前の赴任時代は120バーツだったが、3年前は170バーツに上がり、今回は220バーツ!だった。

日本の味と遜色のない美味い店で、駐在員のオアシス的存在だったが、ここまで値上がりすると、気軽に”らあめん亭”とは言えない値段だ!

らあめん亭にしろタイマッサージにしろ、何でも値上がり傾向にあるタイだが、15年前から全く価格が変わらない物がある。

それがこのリポD。
こちらでは当時から12バーツ!(40円)なのである。
CIMG9557

このブレンドをタイ人は「リポヤク」と呼ぶ。

当時ゴルフ場の茶店で初めて飲んで、病み付きになってしまった。
大汗かいて一休みの時に飲む”リポヤク”は最高である!

・・・と、話は脱線してしまったが、孫たちとはここでお別れ。

我々夫婦は今夜の深夜便(0:30発)で帰国するのだ。

とは言ってもまだ十分時間はあるので、ソイ33のポー・マッサージへ行く。

ここは赴任時代に通った店で、今でも2時間380バーツと良心的な料金になっていた。

マッサージの後はベンチャシリ公園へ向かうが、スクンヴィット通りの渋滞は相変わらずだ。
CIMG9670


CIMG9671

CIMG9672


20時ごろ、タクシーでドンムアン空港に向かう。

帰りの便も”スクートビズ

このクラスの良い点は、シートの広さもそうだが、最もメリットを感じたのは、搭乗手続きと機内への乗り込みの時に、長蛇の列のエコノミーに対し、待ち時間無しでやってもらえること。

まるでVIPになった気分である。

帰りの便は”お休みキット”を注文(有料で一人1500円)。

キット内容は、写真の毛布(タオルケットの様な物)、アイマスク、ネックピローの3点。
CIMG9683

このキットは貸し出しでなく購入(要するに貰える)なので、それを知らずに往復で注文してしまうと、同じ物が2セット来てしまうことになる。

このことはスクートのHP上で書いてなかったと思うので不親切!


3年ぶりのバンコクだったが、いろいろ変化を感じた4日間だった。


記事が参考になりましたら、ポチっと一票お恵みを!
  ↓ ↓ ↓
mac

人気blogランキング


タイのホテル予約なら、最低価格保証のAgodaがお勧めです。
もしお客様が他社のサイトで、同等クラスの部屋をここより安い価格で見つけた場合には、Agodaはその安い価格でお客様にお部屋を提供するそうですが、私が知る限り、Agodaが最安の予約サイトです。

tama7505 at 22:00│Comments (0)TrackBack (0)clip!タイ観光  

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
最新記事
タイ情報

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
最強のタイランド